2018年08月13日

焼尻島〜増毛へ〜増毛から祝津へ帰港

さて焼尻島で花火を見て
焼尻4−8.JPG
早々に寝た翌日は一日のんびり島内で。朝からまためん羊まつりにいき、午前中からサフォークにウニにタコにイカに(ビールに!笑)と楽しみ、ヨットに戻って休んだり、散歩したり、、と久々にのんびり。

散歩中に何気なく立ち寄った小田商店さんで偶然見つけた初めて見るサバ缶! もちろん即購入!!(一個しか無かった!)
焼尻4−9.jpg

夜は小田民宿さんにお世話になり 揺れない布団でゆっくり休み、翌日8時に焼尻を出港、35M(マイル)の距離にある増毛マリーナに向かいます。

増毛までの航程は総じて穏やか。

予定よりもかなり早く5時間ちょっと、13時半には到着!
焼尻6.jpg

増毛では 有名店 寿司のまつくらさんで夕食。増毛厳島神社に御詣り。
焼尻6−2.jpg

翌日は朝早いので早々に就寝。

翌日は朝4時に出港!46M先の祝津マリーナを目指します。

出港してまもなく朝日が昇ってきました。
焼尻7.jpg

今回のクルージングで初めてセイルを揚げます。(ずっと真向かいばっかりだったのでセイル揚げず、ずっと機走でしたw)
焼尻7−2.JPG
後方からの朝日を浴びてセイルがオレンジ色に染まってキレイ。

吹き荒れることで知られる(来るときもそうだった!!)雄冬岬は何なく通過。

大先輩が今度は冷麦を作ってくれました。
焼尻7−5.JPG

帰りはこんな調子の穏やかな航海がこのまま続けばいいなぁ・・・・と思っていたのですが、、、、、、あれれ前方には白波が結構見えるぞ??!!・・・・・

と思ってるうちに
焼尻7−3.JPG
厚田沖付近からず〜っとこんな感じが続き、祝津マリーナに着くころにはもっと荒れてきてました。

陸から見ていた人が撮ってくれていた画像。
焼尻7−4.jpg

なんとかかんとか無事帰港。
焼尻7−6.jpg

ダンデライオン号では初の長旅?!でしたが、一緒に行ってくれた大先輩達や祝津マリーナ、整備してくださった船商さん、、、多くの人たちに支えられ、貴重で楽しい経験ができました。ありがとうございました!


posted by yachting diver at 23:32| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

焼尻の美味しい羊を求めて!~祝津から焼尻島へクルージング(^^)v

毎年この時期に開催されるという、「焼尻島めん羊まつり」! 羊肉の中でも最高級と言われるサフォークがこの日だけはお手ごろ価格で食べることができる(しかも炭火焼!)ので例年多くの人たちがフェリーに乗って・・・・・・のところに、小樽祝津マリーナからヨットで行くことに(^^)v。※直線距離で約75nm(マイル。1マイル=1,852mです。)、5knt(ノット。1knt=1時間に1マイル進む速度です。)計算で15時間のクルージングです。

焼尻1.jpg
※当初の計画では15:00に祝津を出港、でしたが海が予報と違って荒れてきたので少し収まるのを待って、結局18時15分に出港!

出港して2時間ほど経過、厚田沖付近から、次第に時化てきました。

焼尻1−2Screenshot_2018-08-03-20-41-46.png
船はこの辺りから数時間に渡り雄冬岬を越える辺りまで激しくローリングにピッチング乗船していた4名のうち2名がグロッキー。しかもそのうち1名は私・・・・・情けない!!(><)。

・・・・・さて気を取り直し?!、

早朝4:34、留萌沖付近。朝日が昇ってきました。(しかもこの頃には海も収まってきました。)

焼尻2留萌沖0804-04-36-14.JPG


前方には目指す焼尻島(画面右側)、左には天売島、真ん中遠くには利尻島の利尻富士も見えてきました!!
焼尻3.JPG


6時40分、焼尻島はもうすぐです。
焼尻4.JPG


8時20分、焼尻島到着。(あとで散歩中に撮った写真。奥にあるのがダンデライオン号です。)
焼尻4−3.JPG

係留し一休み、、、、、、も束の間、今回一緒に乗ってくれているヨットの大先輩が手際よくツナサラダを作ってくださり朝ごはんに手作りツナサンドです。
焼尻4−4.jpg
※夜通しかけて胃の中を空っぽにしたので(苦笑)、胃に優しい美味しい朝食でしたw。

さて11時過ぎてめん羊まつり会場であるフェリー乗り場付近まで歩きます。
既に大行列!

焼尻4−5.jpg
なんとか焼き台もスペースを見つけ、サフォーク(にこのあとウニにたこに、、、、と海産物も豊富でした!)を頂きました。美味い!!

食後は散歩(と言っても電動アシスト自転車を借りたのですが(笑))がてら、天保4年に建立されたと言う鳥居のある厳島神社に御詣り。
焼尻4−6.jpg

夜は20時から港で花火が打ち上げられました。
焼尻4−7.JPG

ヨットから眺める花火、いい感じでした。

この日は早々と21時くらいには就寝ですzzz。


posted by yachting diver at 23:08| Comment(0) | ヨット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

ダンデライオン号、ほぼ3年ぶりに積丹美国港に帰省?!クルージング

人間に国籍があるように、それぞれの船には「船籍」というのがあり、「船籍港」があります。
ダンデライオン号の船籍港は「積丹町」になっていて、美しい景色と美味しい食の宝庫、「美国」の漁港が母港となっております、、、と言いつつ、3年ほど前の爆弾低気圧北海道上陸の被害を受けた後に美国漁港から移動、祝津マリーナさんにお世話になるようになって早2年強、今回久々に美国までクルージングしてきました。

祝津から2時間ほどで遠くに見慣れた「ロウソク岩」が見えてきました。
DSC_6879.JPG


徐々に接近
DSC_6885.JPG

この辺は岩が多いので慎重に再接近。
DSC_6890.JPG

この付近はダイビングポイントにもなっており、私も(もうかなり前ですがw)何度か潜りました。
DSC_6895.JPG

ここを抜けたあたりから海が徐々に荒れてきました。
S__81526787.jpg

頑張れ!オーパイ君!

どんどん荒れてきて古平沖では結構な時化模様!
https://www.youtube.com/watch?v=mvWtfSaJALk

ドジャーつけておいてよかった!!v

古平を抜けると 懐かしい宝島の姿が見えてきました。
AR_FUN_20180721133012.jpg

祝津から4時間弱で美国港に到着!
DSC_6910.JPG

積丹について一休み、夜は積丹の味覚で体力補給!v
S__81526790.jpg

IMG_20180721_204941.jpg

積丹 純の店、この時期のウニはもちろんですが、積丹ザンギに旬の刺身に、ご飯もの、、、どれも美味しく満腹!この日は21時前には寝てしまいましたw
posted by yachting diver at 00:00| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

函館〜青森、津軽海峡をヨット回航(に便乗(^-^)v) #函館 #青森 #ヨット #回航

毎年この時期開催の「青函ヨットレース」の出場艇を函館から青森に回航するので、、、と縁あってお誘いいただいたので、飛びつき参加してきました!

まずは函館入り。
船魂神社で航海安全を祈願(^人^)
UW旗をあしらったナイスな御守りを見つけました❗
20180717120437893.jpg

20180718111016691.jpg

末広町、緑の島にはたくさんのヨットやボートが係留されてます。

20180717120501983.jpg


翌朝、さぁ、出航(^-^ゞ!

あいにくの空模様(ーー;)。

20180717120549517.jpg

20180717120610565.jpg

途中、雨にもあたり、、、

20180718123045774.jpg

ようやく、「ご覧あれが竜ぁ飛岬🎵北のはずれとぅ〜♪」
20180717120631162.jpg
20180717120655126.png

潮流に悩ませながら約11時間で青森港(^-^)/

20180717120733971.jpg
posted by yachting diver at 12:31| Comment(0) | ヨット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

「落語家と行くなにわ探検クルーズ」できらり号に乗船しました。

所用があり大阪へ。仕事仲間3人と一緒に今回はリバークルーズしてみました。

DSC_6531.JPG

2008年9月に就航の「きらり号」、19t、66名乗り。

大阪の大変低い橋の下も通過する為、自動バラスト調整により喫水を調整、昇降式の客室となっているのが特徴です。
潜水艦と同じように船体に川の水を取り込み、船ごと沈めて運航しているそうです。

途中、大阪国際会議場や中央公会堂を水面から眺め、
DSC_6547.JPG

DSC_6557.JPG

見どころの一つが水門。
交差する川の水位に差があるため、一旦ここに船を閉じ込め、水門を閉め、注水して水位を上げてから水門をあけ船を通します。
世界的に有名なパナマ運河の大阪版、ってとこです。
DSC_6565.JPG

DSC_6568.JPG

ちなみに上述のパナマ運河は通行料をとられますが、大阪は無料!だそうです。


最後に道頓堀でドン・キホーテに、お馴染みのグリコ、二宮くんを見上げてなにわ探検クルーズ終了、道中の落語家さんのガイドも楽しめなかなか快適でした。
DSC_6576.JPG


DSC_6582.JPG

DSC_6586.JPG
posted by yachting diver at 09:48| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

遊漁船業務主任者講習を受けてきました(^_^)v

今シーズンから遊漁船の業務を始めようと思って!・・・・・いるわけではないのですが、ちょうどタイミング良く積丹で受講できる開催日程があったので遊漁船業務主任者講習を受けてきました。
CM180517-151409001.jpgDSC_6519.JPG

ちなみに今回を逃すと、翌週に札幌で開催、、、それも逃すと・・・・あとはまさに広い道内の「各地」で開催となり、来年まで待てない!というように業務上必要な方の場合はかなり遠く(違う都道府県での受講も可能ではあります。)まで行かなければ受けられませんので、ご関心のある方はぜひぜひ海レさんのHPなので開催日程をチェックしておきましよう!

※なお、遊漁船の業務を始めよう、という場合にはこの講習の修了だけではなく、実務経験(もしくは実務研修)、保険の加入、等所定の条件を満たしたうえで都道府県知事に登録の申請書を提出し登録を受けなければなりません。無登録で営業すると3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金又はこれを併科、という重い罰則がありますのでご注意ください。

※登録事項の変更があった場合も届出が必要です。その中には「損害賠償保険等の変更」も含まれております。一般的に損害保険等の契約は一年毎に更新の契約が多いことを踏まえると、その更新の度に毎年、登録事項の変更の届出も出さなければなりません。保険等の更新手続きを忘れないこともあわせて充分にご注意ください。なお、私のほうで「遊漁船業者総合保険」も取扱っておりますので必要な場合は是非ご用命ください!!

※小型船舶の船長を兼務する遊漁船業務主任者にあっては、「特定操縦免許」も取得している必要がありますのでご注意ください。特定操縦免許については別の記載も是非ご参照ください。

posted by yachting diver at 09:25| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

祝津 ヨット ダンデライオン号 冬囲い解除しました(^-^ゞ

昨年秋からブルーシートとテント生地で冬囲いしていたヨット、久々に暖かい日差しに恵まれた今日、 冬囲いを解除してきました(^o^)/。
20180324224659190.jpg

早速 ハッチや船窓を全部開け、ダンデライオン号 深呼吸(^.^)。

20180324224818813.jpg

来月にはマリーナ開き、そして待ちに待った今シーズン スタート!

あ、その前に色々また 整備しなきゃ(  ̄▽ ̄)。
posted by yachting diver at 16:50| Comment(0) | ヨット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

大阪 串カツ

今回の大阪での仕事終了、今回は淀屋橋、というエリアに泊まってたのでホテルの近くをかなり歩き回って見つけたお店、「Dan家R」さんに入ってみました。
20180324230053220.jpg

大阪、串カツ、といえば私の勝手なイメージは、「ソース二度漬け禁止」、「怒られそうで恐い!」でしたが(勝手なイメージで すみません(^o^;)。)、こちらは ⬆なように、自分専用にソース皿があって安心(笑)。しかもソース(ってか薬味?!)の種類も豊富(^.^)。

色々楽しめそうな10本セット、にしてみました。

車エビに豚ヒレに、、、と丁寧に一本づつ提供してくれます。

しかも嬉しいことに、「これは山椒塩で」、とか 「レモン醤油で」、という感じで よく合う薬味を都度教えてくれます。\(^o^)/

20180324230106595.jpg
ハモ
20180324230120083.jpg
20180324230128967.jpg
最初ビールでしたが、二杯目からはワインにしてみました。
20180324230139560.jpg

枝豆のコロッケ。美味い❗
20180324230159727.jpg

菜の花。これも美味い❗
20180324230207129.jpg
箸休めの蕎麦。
20180324230214251.jpg
中はとうもろこし。(北海道では「とうきび」ですがw)
20180324230222088.jpg

初めて見る魚、「アマゴ」
20180324230244628.jpg

また来たくなるお店でした。御馳走様でした。(^人^)
posted by yachting diver at 20:30| Comment(0) | 食い道楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

神戸港〜高松〜女木島〜男木島〜高松〜神戸を21時間でたっぷり楽しんできました!(^^) 続いて男木島!

さて10時台に女木島に到着した次の便に乗って 今度は男木島へ。
これまたすぐ到着!
ogijima1.JPG

先ほどの女木島から ほんの少ししか離れていないのに、島の地形は随分違いますね〜w。
ogijima2.JPG

港のすぐ前に鳥居があったので まずはやっぱり神社に御詣りv。
・・・・と思ったら、あれれ???なんだかどんどん坂になって行きます。
ogijima2-1.JPG

あれれ??まだ先??
ogijima5.JPG

まだ先???
ogijima4.JPG

まだ先????
ogijima3.JPG

(写真撮りながら、もあるけど)10分ほど登ってようやく到着。
ogijima7.JPG

ogijima6.JPG

これだけ登ると いいことありそうですv。

見下ろすと 港も海もキレイ!
ogijima8.JPG

ここ男木島の観光名所に、120年の歴史を持つ男木島灯台があるのですが そこまでは 山を登って下りて徒歩約30分(片道!)とのこと、でもせっかくだから行ってみようかね〜、なんて話しながら また港まで戻って 軽く昼食(とビール!)をとって一休みしたら もうトーンダウン(笑)、灯台はあきらめ、反対側の海岸にある加茂神社を御詣りしてきました。(こちらは緩やかな坂でしたw)

ところで先ほどの女木島やこの男木島、そして小豆島、のあたりが「アートの島」とのことで島のあちこちにアートなものがありました。(が私は神社巡り(と飲み食い!!w)派?なのでアートはあまり見ませんでしたが、この男木島の港にあるこの建物、よく見てください! 天井の文字が太陽の光が地面に映し出す影で文字を映し出すように考えられているそうです。
ogijima10.JPG

※軽めの昼食にカレーうどんを食べたのもこの建物ですw。
posted by yachting diver at 13:00| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸港〜高松〜女木島〜男木島〜高松〜神戸を21時間でたっぷり楽しんできました!(^^) まず女木島編

神戸での所用のあと(の飲み会のあとw)、神戸港を深夜1:00に出港する「ジャンボフェリー」に乗り高松港へ。高松港には朝5時過ぎに到着。
ここでジャンボフェリーを下りて ぶらぶら散歩しながら 高松駅近くのうどん屋さん7時の開店を待ち、まずは高松上陸記念に 朝うどん!
IMG_20180317_072317.jpg

8時台には高松港から「めおん2」に乗り、まずは女木島へ!!
あっという間に到着。
DSC_5814.JPG

この辺りには 鬼が島伝説が残っており、港でも鬼が出迎えてくれています。(形相恐ろしい・・・・・くない、愛嬌たっぷりの鬼でした。w)
DSC_5825.JPG
DSC_5823.JPG


ここでめおん2を下り、次の船が車での2時間ほど、島内を散歩。

まずは神社から。
DSC_5828.JPG

境内から振り返ると海に景色がつながっています。
DSC_5830.JPG

鬼がいた、という言い伝えのある洞窟までは 少し距離があったので行かず(行けよ!笑)、付近を散歩。

昔ながらの家並みが続いています。
DSC_5835.JPG

あれ?もう桜??と思ったら、「彼岸桜だよ。」と 畑仕事をしていたお婆ちゃんが教えてくださいました。
DSC_5832.JPG

冬の強風から女木島の家々を守るための「オーテ」と呼ばれる石垣が続いていました。
DSC_5840.JPG

DSC_5842.JPG

posted by yachting diver at 10:00| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする