2008年06月29日

石垣島 川平マンタスクランブル

石垣島にダイビングに来たからには!!!  の ポイント、川平マンタスクランブル。

6月23日、月曜日!・・・・・・にも関わらず、ポイントに着くと、船が ざっと見るだけでも15隻以上!!!

一隻のボートに、10人や20人乗っていることを考えると、水中にいるダイバーの数は・・・・・・200人や300人はいる計算に!!!???

「自分がマンタだったら、こんな人の多いところには来ねぇぇよなぁ・・・・」と思いつつエントリー。

潜って あらためて周りを見回すと、人、人、人、泡、泡、泡・・・・・

これでは 「マンタ」スクランブル、というか、「Man多」 スクランブル、って感じだよなぁ・・・・なんて考えながら、でも マンタが来た場合に備え、一枚も写真を撮らず、辛抱、辛抱・・・・・

ややしばらく、・味に 待ち伏せダイビングをしたけど、こりゃぁ来ないね・・・・と ガイドさんもあきらめ(ガイドさんはかなり一生懸命やってくれましたが・・・・仕方ないですね、こればっかは。)一路 帰路へ。

でも 今回 一番お気に入りの癒し写真が撮れました。

ハートの中にクマノミ


石垣島200806 027.jpg

















マンタとは会えませんでしたが、ふと気付くと、なかなかキレイな場所です。

石垣島200806 042.jpg


















石垣島200806 035.jpg
















石垣島200806 034.jpg
















石垣島200806 033.jpg



















石垣島200806 032.jpg
















石垣島200806 041.jpg
















石垣島200806 048.jpg















石垣島200806 046.jpg




















石垣島200806 031.jpg













うーん、でも やっぱ残念。

札幌を出発する前の日に、髪を切ったのですが、そのお店の若いイケメンスタッフ T君の口癖の、

 「くそぉぉぉっ! 
   こんなはずじゃなかったのにぃぃぃぃ」

が 浮上する間中、札幌からテレパシーで送られてきているかのように 頭の中にずっとコダマしていました。

・・・・・・・・・・・・(T_T)

さて、マンタ非遭遇の悲しみを乗り越え!?

そうだ!石垣島は 何も マンタばっかじゃぁないんだよ。世界でも有数のサンゴ礁があるぢやぁないか!!!

というわけで、三本目は 「崎枝牧場前」という サンゴのポイントへ行きました。確かにキレイ!!!

画像は力尽きたので!・省略です。W
posted by yachting diver at 18:14| Comment(5) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

竹富島 海底温泉

その名の通り 海底から 温泉が湧き出ている 面白いポイントです。


竹富島海底温泉080623-01.jpg


















6月23日
気温は31度!
水温が28度!!!

そんな中、わざわざ・・・って感じも無きにしも非ず・・・ですが、
熱いお湯が噴き出ていて、温度差があるのが 見えますでしょうか(最大水深19.7m)


竹富島海底温泉080623-02.jpg


















海底の砂地のあちこちからも ボコボコとお湯が噴き出ています


竹富島海底温泉080623-03.jpg



















ちょっと浅瀬に行くと、サンゴや魚が温泉に浸かって!?います。もしかしたら 茹であがっていて 食べごろか!!??(・・・・不謹慎ですね・・・(^_^;))


080623-04.jpg
















ちょうど今はサンゴの産卵シーズンです。
こちらも 今にも 噴き出しそうな気配です

石垣島200806 021.jpg


































posted by yachting diver at 21:48| Comment(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

百賀の祝

母方の祖母が、今月19日で 100歳!!! になるお祝いを、「婆ちゃんの思い出の地」であるという小樽に、北海道内はもちろん、大阪から、はたまた九州から 子、孫、曾孫、玄孫まで集まり お祝いをしました。


20080615125409.jpg













もうすぐ百歳になる婆ちゃん、耳はだいぶ遠くなってるものの、話す内容や、書く字は ものすごく しっかりしている!

聞くと、今でも毎日!日記を書いている、とのこと。

これがきっと ボケない秘訣かもしれない。


さて ちょうど 小樽では水天宮のお祭りも開催中。

実は 自分にとっても懐かしい小樽の中でも、特にこの辺りは懐かしい場所なので、ちょっくら散歩がてら 登ってきました。

20080614151200.jpg
























20080615125602.jpg


















やっぱり 小樽は「坂の街」!

20080614152210.jpg
























20080614151815.jpg























水天宮さんは 安政6年にできたらしい。

20080615130000.jpg


















ちなみに ウチの婆ちゃんは、明治42年生まれです。

これからも健康で長生きしてくださいよ。
 by 子・孫・曾孫・玄孫 一同

posted by yachting diver at 13:14| Comment(5) | 旅行・おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする