2010年11月13日

現在の高さ497メートル!(だそうな)

さて 浅草で水上バスを降りたら、二駅先にあるはずの&今話題の東京スカイツリーが見えた。

もうここまでおのぼりさんツアー!?したんだし、この際だから見に行ってみよう!!
(というか 最初から見に行きたかった。(^_^;))

1289095760830.jpg





















でもせっかく久々の浅草。

やっぱ定番も見ておこう。

1289096092410.jpg












大学に受かった時に見に来たなぁ・・・・

・・・って 20年以上前ぢゃぁないか!?

あ、それから在学中に札幌から親友が遊びに来た時にも見に来た。

・・・・って やっぱそれも20年以上前じゃぁないか!!??


有名人の手形がたくさん


1289097561711.jpg






















その中から あえて 探し出したのが

1289097405164.jpg






















藤田まことさん (合掌・・・・・)

そして菅井きんさん

1289097431711.jpg






















山田五十鈴さん

1289097460773.jpg






















そう! 「必殺シリーズ」です!!!
(昭和世代!!(^_^;))

まだまだ他にも、梅沢冨美男さん、梅宮辰夫さん、京マチコさん・・・・(必殺シリーズすごく好きな人じゃなきゃ わからないマニアックネタです。(^_^;))と写真を撮ろうとしたけど、振り返ると同期の皆はもう別の場所へ動いてました。
(^_^;)(^_^;)

ここです。

1289097826922.jpg





















「のう、大黒屋、おぬしも・・・・」・・・・あ、違う違う。

美味しいと評判の天婦羅屋さんです。

既に50人ほどが並んでました。

普段 2〜3分でも並ぶのが嫌いな私ですが、この日は同期の仲間と大勢で並ぶので苦も無く あっという間の3〜40分。(不思議だ)

大きなエビにキスにかきあげの乗った天丼 これで1500円はお得。

1289100900655.jpg





















※ちょっとピントあわんかった。
(^_^;)



そして地下鉄を二駅のり、押上駅B3出口をでて(そこから出ろ、って書いてあるから出たのに)いきなりビルの陰になってて唖然とし、にも負けず 周囲をぐるりと回り、かなり歩きまわって ようやく見つけた角度からのショット。
(この写真撮る前に、電信柱写ったり、駅の屋根入ったり、手前のビルあったり・・・20枚以上のボツ画像がありました。)

1289105574983.jpg








タワー上部の逆台形型(っていうのかどうかわからんけど)の部分。
「逆台形型」であるが故に、水や雪等が落ちたらどうするんだ?と気になりましたが、デザインを重視してこのまま進めた、という話を聞きました。

「施設の所有・管理に起因する事故で賠償責任を負った場合」には
「施設賠償責任保険」
というのがあるんですが、ま、ここの保険契約をもらうことはあり得ないので、まぁいいや。(^_^;)



1289105981065.jpg






















ちょっと カッコいい!?水面にうつったタワー

1289106401568.jpg






















いま497mらしい。最終的には6●●mにもなるとのこと。
(連日の寝不足でこの頃はもう頭が半分寝てました。忘れた。(^_^;))

このタワーが完成する頃には、この辺り(「押上駅」「業平橋」近辺)は一大名所になっていることでしょう。

その時にまた、おのぼりさん しよっと。
posted by yachting diver at 23:28| Comment(2) | 旅行・おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

560人乗りの船で東京クルーズ

石垣島の帰り、ちょっと寄り道!?し、東京に一泊。

目的は、以前会社に勤めていた時の同期の仲間と、その時の教官を囲んでの20年目!の同期会!

皆それぞれの人生を歩んでいますが(私を含む7割が退社・転職してます)、教官の「それぞれが幸せならそれでいいんだ!」の言葉が嬉しい限り。

今の私の日々の仕事や生活の根幹となる考え方(※上記の言葉とは違う言葉です)はこの時の教官に教わりました。
(画像は了承もらってないから二枚目の教官の画像は載せられません(^_^;))


さて3時まで飲み語らった翌日、飛行機に乗るまでの数時間を利用し、残ったメンバーで 日の出桟橋からの「TOKYO CRUISE」(水上バス)に乗ることにしました。

1289092604986.jpg












かつて10年近く 東京に住んでましたが、これは初体験です。

1289093127264.jpg












なんとこう見えて!?560人乗りだそうな!

選んだコースは しぶく「隅田川ライン」

普段なら車で通り過ぎてしまうだけのそれぞれの橋をくぐりながら、東京の街並みを川から眺めるのもなかなか良いものでした。

勝鬨橋

1289094091511.jpg












佃大橋

1289094250430.jpg












中央大橋

1289094388091.jpg













佃大橋や中央大橋を渡ったところにある「大川端リバーシティー21」の高層マンション群

1289094463176.jpg













永代橋

1289094517833.jpg













隅田川大橋

1289094582984.jpg













清州橋

1289094688377.jpg













新大橋

1289094817223.jpg













両国橋

1289094997679.jpg












・・・・・ここを昔 週3回くらい通っていたので楽しみにしてたんだけど・・・・張り紙だらけ!!??


JR総武線

1289095052712.jpg













蔵前橋

1289095175860.jpg














厩橋

1289095270731.jpg












駒形橋

1289095412637.jpg













吾妻橋

1289095454736.jpg













1289095471431.jpg













ここで隅田川クルーズは終了!
浅草に到着です。

くぐった橋が13本(総武線も入れたら、だけど・・・ところで、橋は「本」、って数えるのかな???)、同期会の班員の総数もなんと偶然の13人、大きな川に13の橋がかかる中をゆったりと船が見守る不思議な偶然に いま気づきました。


posted by yachting diver at 18:40| Comment(4) | 旅行・おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

一人で竹富島散歩

八重山に来たら、ダイビングはもちろんだけど、もう一つ自分のお気に入りで欠かせないのが(と言っても何十回も来ているわけぢゃないけど・・・)竹富島。

今回の旅程中の中一日、他のメンバーと別行動で一人竹富島へ。

集落中心部から眺める竹富島の風景。

1288925809234.jpg

















何度見ても心が休まります。

いつもここに来ると 特に目的なくふらふらと!?2〜3時間 歩きまわります。
1288932983382.jpg






















201011八重山 023.jpg


















201011八重山 020.jpg

















今回は偶然!?西桟橋に行き着きました。

201011八重山 015.jpg




















201011八重山 014.jpg


















正面に見えるのは西表島。

ちょうど干潟になってしまってますが、ガイドブックによく載っている(両側に青々と水を湛えている)風景とは趣きが異なるけど、これはこれで なんか良いような気がする。


「特に目的もなくふらふらと歩きまわって」も、なぜか!?必ず行き着く パーラー。
(パーラーだけど、自分がここで注文するのはもちろん、昼から生ビール!!(^_^;))

201011八重山 010.jpg

















ここでのんびりしてると、集落内を回る牛車が時折前を通ります。

201011八重山 016.jpg



















(今は閑散期のようで、今回はこの一回のみのシャッターチャンスでした)

連日の疲れが溜まっていた私が、お店の人に「ちょっと横になってていいですか?」と尋ねたところ、快く「どうぞぉ」の声。
しかも 枕になりそうな木まで持ってきてくれました。


ちょっと昼寝し体力も回復!
ありがとうございました。
m(_ _)m



posted by yachting diver at 23:44| Comment(0) | 旅行・おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

石垣島ダイビング「ミドルブック」「トカキンの根」「リトルクリーチャーズ」

今年も行ってきました、石垣島!!!

着陸態勢に入って飛行機から見る石垣の海!

DSC_0116.jpg





















(この写真の代償として、「お客様、降下中は電子機器のご利用はお控えください」と注意されてしまいました。(^_^;))

到着日の夜は、定番!?石垣牛。とろける美味さです。

DSC_0131.jpg





















翌日は早速ダイビング。

人気の定番!
クマノミ

201011八重山 088.jpg

















201011八重山 093.jpg

















ガイドさんがフグを発見
ふくれてます。(そりゃそうだ )
この後 ふぐに、あ、すぐに離してあげました。(そりゃそうだ)
※捕まえたのは私ではありませんよ。

201011八重山 087.jpg















ソフトコーラル

201011八重山 012.jpg

















ダイバー達が何探してるかって言うと・・・・・

201011八重山 013.jpg
















これです。

201011八重山 025.jpg
















エビと同居(共生)しています。

201011八重山 021.jpg


















有名なダイバー「中本さん」が発見したことから、「ミドルブック」と名付けられたこのポイント。

サンゴの周りを無数の魚が取り巻いています。

201011八重山 048.jpg

















201011八重山 051.jpg

















201011八重山 052.jpg


















そこから少し行ったところにあるコモンシコロサンゴのポイント「じゃがいも」(ジャガイモのように見えることから)

ジャガイモに見え・・・・・ますよね???

201011八重山 069.jpg

















201011八重山 070.jpg

















(奄美の北部で潜った時にもこのサンゴを見ましたが、そこでは その形から「大仏サンゴ」と命名されていました)

三本目はちょっと流れのある深いところまで行って
「トカキンの根」(トカキン=まぐろの一種)

201011八重山 080.jpg


















201011八重山 077.jpg


















201011八重山 074.jpg

















201011八重山 078.jpg


















三本潜ったけど、ゆったりのんびりと楽しめるダイビングでした。


posted by yachting diver at 19:59| Comment(2) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

飛行機の積載重量制限

明日から石垣島(帰りには同窓会があり東京に一泊)!

せっかく石垣島へ行くのでせめて一日だけでもダイビング!

さて、二年くらい前に吟味に吟味をかさね買ったこのGULLのダイビングポーター。

DSC_0111.jpg





















ダイビング器材一式に一週間程度の着替え等も全部入る優れもの!!!

普通のスーツケースと違うのは、ダイビング器材を濡れたまま入れても(入れないけどね)大丈夫なように防水性(っていうか、内張りがなく、多少濡れても拭けばよいだけ!!!)がすぐれている。

(スーツケースを長年使ったときの嫌ぁぁぁなにおいの心配も無用!)

しかし大きな問題が!!!!
\(゜ロ\)(/ロ゜)/

それは 最近うるさい「重量制限」!!!

上述のダイビング器材一式にその他の普通の荷物入れると総重量は28kg!!!(自分の場合)

これでは国内線での重量制限(ANAで20kg、JALにいたっては、15kg!!)を軽くオーバー!

何が腹立つかって言うと、この重量制限、自分は20年ほど(もっとかな?)素晴らしい体型管理で!?体重はずぅぅぅっと一定の範囲内。(59kg〜61kg。上限値は冬場。競馬馬かw!!??)

これにこの荷物の重量を合計しても、いつも一緒にダイビングするバディの体重程度。

彼の場合はその体重にさらに荷物!!

なんかおかしくないか???

荷物だけで制限し、制限超えたら追加料金をとるなんて馬鹿げている!

乗客個人の体重と荷物の合計で決めるべきではないだろうかね。
(-_-メ)



posted by yachting diver at 20:02| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする