2016年05月21日

新西宮ヨットハーバーに鎮座する、堀江謙一さんのヨット、「サントリーマーメイド」号と「ミニマーメイド」号

海技大学校から歩いていくには遠いけど自転車なら行ける距離に、豪華な船がズラリと並ぶ「新西宮ヨットハーバー」があります。阪神西宮駅からバスも頻繁にでていて15分ほどで行けます。

マリーナ敷地に入るとすぐ目に入るのが、

20160521195854620.jpg

20160521200939169.jpg

20160521201013718.jpg

20160521201026700.jpg

日本人初の、ヨットで太平洋を横断し、著書「太平洋ひとりぼっち」でも有名な(それ以外にも偉業たくさんです!)堀江謙一さんが単独無寄港で世界一周した際に乗ったヨット、「SUNTORY マーメイド」号が鎮座(^人^)。

日本人初のヨットで太平洋横断だけでもすごいことですが、単独無寄港世界一周もすごい! \(◎o◎)/

、、、、、、ですが、私としてはこっちがもっともっとすごいと思います。


20160521200915013.jpg

20160521201053629.jpg

20160521201131267.jpg

決して画像の幅を加工しているわけではありません(笑)。

なんと全長2.8メートル!
\(◎o◎)/

堀江謙一さんはこの「世界最小のヨットでの太平洋横断」もなさったそうです。

1962年の最初の太平洋横断では19feet(約6m)のヨット「マーメイド」号でこの西宮からサンフランシスコへ、そして1989年にこの「ミニマーメイド」号でサンフランシスコから西宮への単独太平洋横断を達成、

「日本人最初の」単独太平洋横断、から「世界最小のヨット」で単独太平洋横断、いやぁすごい人(という簡単な言葉ではもの足りませんね(^^;)です。

私はまだ石狩湾からも出ていません(-.-)。
posted by yachting diver at 20:25| Comment(0) | ヨット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

「小樽遊覧・海洋散骨」に新たに51名乗りの旅客船「PHOENIXU」運航開始!

昨年あたりから私は、随分小樽運河あたりに平日週末問わず 行っておりましたが その甲斐あって昨日、小樽運河を起終点として絶景ポイントの窓岩までのクルージングや、ちょっとの時間でも手軽に楽しめる小樽港内(港内は小樽の夜景も楽しめるナイトもできます!)クルージング、さらには近年需要の高まっている「海洋散骨」のできる「小樽遊覧・海洋散骨」航路が運航を開始しました。

窓岩近辺.JPG

青の洞窟.JPG

http://phoenix-css.com/
(※事業者様の承認を得て紹介しております。)

落ち着いた船室を備えた乗り心地も良い、旅客定員51名の「PhoenixU」。観光名所小樽運河に係留しております。離着岸もここからです。
フェニックス2.JPG

元々、こちらの会社は長年小樽付近の海で、定員12名の船で「海洋散骨」事業を中心に近年では遊覧も手がけ、今日まで無事安全に運航を続けていらっしゃいました。

ちなみに定員12名までの場合は、海上運送法に基づく「人の運送をする不定期航路事業」となり、必要な手続きは「届出」となるのですが、定員12名を超えると「旅客船」の区分となって、海上運送法上「旅客不定期航路事業」、そのために必要な手続きは「許可申請」となり、法律面、ハード面、ソフト面で一気にハードルが高くなります。

そこで縁あって私が海事代理士としてお手伝いをさせていただくこととなり、上述の実に多様なハードルを依頼社の方々と一丸となって関係各方面からの助言・協力もたくさん戴きながら乗り越え、この度晴れて運航できることとなりました。

少子高齢化や価値観の多様化により海洋散骨の需要はますます増えているそうです。
(私もきっと そうなりそうですw)
http://ocean.phoenixinc.co.jp/

故人が好きだった小樽の海を、散骨なさったあとも毎年のように訪れるご家族もいらっしゃるそうです。

窓岩コースや港内コースでの貸切も可能ですので、カップルや結婚式の二次会等のご利用も増えていきそうですね。

この度の許可申請に伴い、多くのご助言やご協力を賜りました諸先輩をはじめ、丁寧にご指導をくださいました北海道運輸局の皆様、そして根気よく全力でご準備を進めてきたフェニックスサイトシーイング株式会社の皆様に心からの敬意と感謝を表しますとともに、PHOENIXUの今後の引き続きの安全運航を祈念いたします。

posted by yachting diver at 09:40| Comment(0) | 海事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする