2017年07月24日

<ヨットで(ほぼ)日本縦断の旅>奄美大島名瀬〜古仁屋でゴール!

4月中旬に北海道小樽を出てから約3ヶ月!! 回航を続けていたヨットが奄美大島名瀬まで到着し、いよいよ最終目的地 奄美大島古仁屋(当初沖縄宜野湾を予定していましたが変更となりました。)まであと一歩、というところでフィナーレを飾るべく?!合流してきました。
1500896344157.jpg

↑名瀬港、透明度がよく船が空中に浮いているようですv。

期間中、地元での仕事の合間を縫って飛び飛びに回航の手伝いをしていましたが、奄美大島古仁屋は私が10年来毎年訪れていて馴染みの街、名瀬港に停泊して待ってくれていたヨットとまず合流。

翌日早朝の出港に備え体力づくり! (というかいつも奄美に来ると南部に泊まっていて名瀬に泊まる機会がなく、行きたくて行けなかった、「鳥しん」さんに夜行きたかっただけ?! (笑))

焼き鳥屋さんだけど、体力づくりのためうなぎ!!
DSC_4444.JPG

明日、無事つくね! にかけて?!(笑)。
DSC_4448.JPG

お店一番のおススメ、という ももの開き。
DSC_4451.JPG

やっぱ奄美にきたら食べたくなる油ソーメン。
DSC_4449.JPG

さて翌日早朝5時半過ぎに出港。
途中うねりも大きく、風速も時折10m/s前後、曽津高崎灯台の見えるあたりから さらに風、うねりも大きくなってきましたが、今まで通ってきたあちこちに比べると何のその!。(言い方古い?!(^^;))

DSC_4458.JPG

DSC_4467.JPG

抜けて大島海峡に入ると予想通りに後ろからの風を受けうねりもおさまり7kt前後で快適!
DSC_4468.JPG

ダイビングの際に何度か見ているカメ島やエニヤバナレも見えてきました。

毎年お世話になっている久慈集落のある久慈湾付近通過(途中ヨットで立ち寄って長旅の荷物を降ろそうかと思ってたけど古仁屋に直行することにしました)、あともう少し!!
DSC_4478.JPG

古仁屋、「せとうち海の駅」に到着!!
DSC_4486.JPG

私は途中飛び飛びでの参加でしたが道中ずっと、私の乗ってないときはお一人で、津軽海峡越え〜柏崎では大雨で4日待機〜島根付近でも大雨に強風〜猛暑の中(エアコンは故障して結局一回も使えなかった!!)トカラ列島縦断をしてきたI船長、お疲れ様でした!

また米子 境港マリーナで 海事代理士仲間の石田先生のご紹介でお会いできた岸本様には、ご自身が4月に境港から沖縄まで回航なさった詳細な記録を教えてくださり、さらには折々困った際に相談するとお忙しい中惜しみなくお知恵をお貸しくださり大変に助かりました! この場でも心から御礼申し上げます。

長旅を頑張ったヨット、グレートリトルベアー号はこれから古仁屋で色々修繕や船台完成待ちで当面は台風にも強いと名高い、阿鉄湾に係留することとなりました。お近くをお通りの際には是非、(遠くからですが笑)ヨットの安全をご確認いただけましたら幸いです。

S__24723463.jpg

S__24723466.jpg

posted by yachting diver at 00:00| Comment(0) | ヨット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

ヨットで青の洞窟〜窓岩クルージングに行ってきました

北海道とは思えない猛暑が続く中、ヨットで青の洞窟〜窓岩までクルージングしてきました。

DSC_4408.JPG

DSC_4392.JPG

「窓岩」。 21フィートの小さな船で来たことはありますが、自分のヨットで来たのは実は初めてです。

「青の洞窟」
DSC_4394.JPG

小さな船だと、そのまま「洞窟」に入っていけますがヨットはそうは行きません。
(^^;)

できるだけ接近!
DSC_4399.JPG

DSC_4404.JPG



祝津マリーナからヨットで片道1時間ちょっとで行けるビューポイント、「窓岩」と「青の洞窟」。遊覧船、観光船も多く訪れる場所なのですがこの日は運良く、のんびりと堪能できました。
 
さ、祝津方面に帰ります。
DSC_4400.JPG
posted by yachting diver at 11:36| Comment(0) | ヨット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする